2012年05月19日

『郵便配達は二度ベルを鳴らす』のラナさんと私の願い事。

今まで写真と噂しか聞いたことが無かったラナ・ターナーさんの代表作。
The postman always rings twice(1946)
ラナさんのお色気を堪能しました。

ツイン・オークス、怖い夢に出てきそうなお店ですね。ベイツ・モーテルのように・・・c973810ae7a091944da40210_L.jpg

以下、私の秘蔵コレクションより。lana1.JPG
ラナさん、初登場シーン!
母から噂に聞いていたのですが、本当、大美人ですね。背は低い方っぽいのですけどね。lana2.jpg

ラナさんが演じる新妻、コーラの旦那は中年でくたびれたオッサン。
まあ、よくこんなオッサンに嫁いでくれた、とばかりに、劇中、オッサンが口ずさむ歌が
She's funny that way

要約すると「こんな何も取り柄のない男と一緒にいるなんて彼女は変だよ」
劇中、この曲をコッチが段々怖くなってくるくらい、シツこく歌うのら。
もう、「早く殺してくれ」と言わんばかりに。
普段、シナトラやエラのバージョンを愛聴しておるんですが・・・
こんな怖いShe's funny that wayは初めてよ!

1941年、ジュディ、ヘディ・ラマーさん、Jスチュワートとの共演の『美人劇場(Zigfeld Girl)』の
ラナさんも若々しくて特別の綺麗さで、最初見たときは
「ギョエッ!これがぁ、噂に聞く”ラナ・ターナー”かぁ」と。

その話はまた今度。
そんなラナ・ターナーさんの願い事は・・・

%A5%E9~3.GIF

5月20日観戦予定・私の願い事は・・・

『明日 阪神が 勝ちますように (-∧-;) ナムナム』

posted by uniko at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出のシネスクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラナの郵便配達は、テイ・ガーネット監督ですね。
最近の我が家の記事で、ヴィスコンティ版の郵便配達を年間ベストにしましたけど、こっちも雰囲気あったと思います。
Posted by ボー at 2012年05月26日 19:19
☆ボウさん
ヴィスコンティ版、未見です。レンタルにも無いしなー。
ニコルソンのヤツは昔TVでちらっと。
Posted by uniko at 2012年05月26日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック