2012年05月25日

『美人劇場(1941)』は本当に題名そのまんま・・・

Ziegfeld girl(1941)
ラナ・ターナーついでに、数年前、CSから録画できた映画も再鑑賞。

91Qr+ilX8TL__AA1500_.jpg
ラナ・ターナー、ヘディ・ラマー、ジュディ・ガーランド、ジェームズ・スチュワート、MGMの若きスターたちが主役で、132分とこの当時の映画にしたら長すぎるけど、見飽きることがない。

百貨店のエレベーター・ガールからジーグフェルドのトップに上り詰めたラナ・ターナーの比類なき美しさ。
『郵便配達・・・』ではムッとした顔ばかりなのだが、この映画ではラナが朗らかに笑ったり、ニヒルに笑ったり、泣いたり怒ったりで、まさに美人劇場。

まだ薄化粧でとても若々しくて、小生意気で、グラマラス。
無理に演技などしなくても、そこに立っているだけでラナ・ターナーですね。
こんな彼女に冷たくされたら、Jスチュワート君だって、やさぐれちゃうわね。

ドラマの『ミー・アンド・マイ・シャドウズ』の場面(ジュディの伝記映画)で
ジュディが「男の人はみんな、ラナみたいな女性が好きなのよ!」
と嫉妬して泣く場面、分かる気がするなー。
映画の前半で既にJスチュワートとの濃ーーいKISSの場面、思わず「ギャヒッ(Too sexy!)」!!
41FweJzHtJL.jpg
まあ、なんですな、絵に書いたような美男美女カポー。

そうそう、お写真しか持ってなかった伝説のヘディ・ラマーさん出演作品を運良く観れたのも嬉しいです。
大美人なんだけど、おとなしやかで、聡明で、優しそう。
51bZtvtl+WL.jpg
ヴィヴィアン・リーが真似たヘアスタイルだそうで。
ジュディも、若々しくて可愛らしくて、芸域では遥かに二人を超えたパフォーマンス。
I'm always chasing rainbowsをたっぷり、情感豊かに聞かせてくれます。
・・・が、この早熟系・大美人二人が相手とは、少々分が悪いかな・・・
41FzenD-78L__AA300_.jpg
posted by uniko at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出のシネスクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 少しばかりは元気を取り戻したのでしょうか。

 「レイジング・ブル」という映画はご存知でしょうか。日本公開は1981年。マーティン・スコセッシ監督作品で、主演のロバート・デ・ニーロが、ミドル級チャンピオンまで上り詰めた鍛え上げられた肉体と引退後の肥満体型を表現するために体重を27kg増量し、徹底した拘りから生まれた造語、「デ・ニーロ・アプローチ」の完成形とも言える役作りを敢行し、第53回アカデミー主演男優賞を初めアメリカ国内の映画賞を多数獲得したことでよく知られています。この映画で、デ・ニーロ扮するジェイク・ラモッタの妻ビッキーを演じたのは、キャシー・モリアーティという女優で当時20歳そこそこだったのですが、白黒の画面から伝わる彼女の姿は、ラナ・ターナーの再来と言われていました。実は、私がラナ・ターナーという女優の存在を知ったのはこの時のこの言われ方があったからなのですが、そのときは本家を知らぬままキャシー・モリアーティを通して、ラナ・ターナーに想いを馳せていました。
 その後、キャシー・モリアーティはそれなりにキャリアを積み重ね、中堅脇役女優として20年ほど見ることがあったものの、お世辞にもラナ・ターナーと重ね合わせて見ることはできませんでしたし、さらには、ここ10年ほどはスクリーンでは見かけていません。それを思うと、この「レイジング・ブル」こそ彼女が最も魅力的だった作品だったと言えるでしょう。
 もちろん、ラナ・ターナーとキャシー・モリアーティとは比べようもないのですが、もし管理人さんがこの「レイジング・ブル」が未見でしたら、一度鑑賞することを勧めます。
Posted by ウッドスタイン at 2012年05月26日 16:55
へディ・ラマーは、NHKで「サムソンとデリラ」で見て、惚れましたね!
「ジーグフェルド・ガールズ」は、そんな豪華キャストだったんですか!
ラナの映画はほとんど見ていませんが、お顔がマリリン似なところ、ありますよね。
Posted by ボー at 2012年05月26日 19:34
☆ウッドスタインさん
少しくらいは元気です。ありがとう。
そちらは本領発揮、ってとこですか。いいなあ。

「レイジング・ブル」デニーロの役作りで(相当)有名な作品なのに未見です。
これは探して見ます。
ラナ・ターナーの再来・・・どんなんでしょ?興味が。。。
Posted by uniko at 2012年05月26日 20:14
☆ボーさん
「サムソンとデリラ」観たいなーー。
ヘディさん、うっとりするような美人ですねえ。

ええ、ラナとマリリン似てますね。
どちらも思わず(女性の私でも・笑)ニヤけてしまうような可愛さ、美しさですね。
Posted by uniko at 2012年05月26日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271651187

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。