2012年06月05日

また、マリリン映画のウワサ話。今度はブラピが・・・

ブラッド・ピット、新たなマリリン・モンロー映画のプロデューサーを務めることに

以下、CINEMA TODAY記事より抜粋。

サイモン・カーティス監督、ミシェル・ウィリアムズ主演の映画『マリリン 7日間の恋』が、今年のアカデミー賞で2部門にノミネートされたのはまだ記憶に新しいが、さほど間を置かずして、現在もう一本のマリリン・モンロー映画の企画が進んでいる。アメリカ西部開拓時代の伝説的なヒーロー、ジェシー・ジェームズを題材にした映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』の監督アンドリュー・ドミニクが、ジョイス・キャロル・オーツ著の小説「ブロンド(原題) / Blonde」を映画化することになっており、ブラッド・ピットがプロデューサーとして参加することになったとLA Times紙(電子版)など複数メディアが伝えた。
 「ブロンド マリリン・モンローの生涯」という邦題で日本語訳も出版されている本著は、モンローの内面により焦点が向けられた内容とのこと。『ジェシー・ジェームズの暗殺』でジェシー役を演じ、また、カンヌ国際映画祭で上映されたドミニク監督の最新作『キリング・ゼム・ソフトリー(原題) / Killing Them Softly』でも主演を務め、最近監督との共同プロジェクトが続いていたピットが、『ブロンド(原題)』の心強いサポート役を務める運びとなったようだ。
 ウェブサイトcolliderによれば、『ブロンド(原題)』は当初、ナオミ・ワッツを主演に2011年1月に撮影開始となる予定だったが、製作準備がスムーズに運ばず、『マリリン 7日間の恋』が先に世に出て行く結果となった。
ピットの製作会社Plan Bが製作にかかわることになるが、ピット自身が出演するかどうかは未定とのことだ。撮影開始は、2013年1月か2月が想定されているとのこと。

-------------------------------------------------------------------------------

ナオミ・ワッツさんだったら・・・これは楽しみですわ。

んで、シナトラ送った▼・ェ・▼ワンワン!の話の映画化はどないなったんやー??
posted by uniko at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出のシネスクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この原作って、けっこう創作が入ってます。それも面白いですけど。
ナオミたんは、レディ・ダイアナを演じることになったから、マリリンはやらないと思うんですけど…。
ミシェル・ウィリアムズ嬢のあとでマリリン演じるのは、勇気が要りますよ。
Posted by ぼう at 2012年06月06日 22:44
☆ボーさん
こんばんわ。
この本、実は未読です。
(何度か立ち読みはしたことあるけど、評判が宜しく無かったような覚えが?)
ナオミたんはダイアナさんかあ。
じゃ、アンジーかいな?
Posted by uniko at 2012年06月06日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック