2011年04月09日

ちっきしょう!



・・・ダイアナ・クラールの『Pick yourself up』イイネ!元気印、いただきやした。

立ち上がって
汚れ落として
何度もやり直すんだ

pick yourself up,dust myself off, and start all over again.

アステアとロジャースもエッセンスが効いてて捨てがたい。
例の『有頂天時代』の、どうかダンスの先生教えてください、セクションのヤツ。

シナトラの大元気バージョンは、シナトラだからこそ、

「ほら、有名なヤツも、もう一度立ち上がるために 堕ちなければならなかったんだ
だから 大きく 息を吸って 奮い立って 何度も 始めからやるのさ」

・・・のフレーズが、小憎たらしいほど(笑)真実味がある!怖っ!!



本当に、小憎たらしいほど(苦笑)エエ声だ・・・ちっきしょう!ふふ・・・

2011年03月22日

やさしいね、みんな・・・

シンディーは今日3月22日、大阪でのライブをニコニコ動画で生中継入れてくれた。

ガガは震災の翌日、すぐにチャリティーのリストバンドをツイッターにて募ってくれた。

やさしいね。みんな・・・

2011年03月06日

現在鑑賞中。

只今DVDにて鑑賞中の映画、『ゾンビランド』最初はグロ映像続出で目を背けてばかりでどうなることかと思いましたが、もう後半突入。
以外や以外、ホラー・コメディ&ロード・ムービーだったとは。ちょっとホロッとなってます。
ゾンビ映画でホロッとなれるのは珍しい(笑)
『フェイスブック』もそうだったけど、わたしゃジェシー・アイゼンバーグの空気感と相性がいいのだろう(笑)頑張ってない風味の彼の立ち居地が妙に心地よい。
なんだか、ウディ・アレンの『アニー・ホール』だな。

Zombieland

ゾンビから身を守ってきたルールが面白い。その壱、有酸素運動、その弐、二度打ち、etc...

ゾンビ.jpg

勝気なエマ・ストーン嬢もカッコいいね!

2011年03月05日

OUR SONG〜真二の歌は私の歌 


33年ぶりに・・・真二の新品を買ったよ!


原田真二 OUR SONG 〜彼の歌は君の歌〜

oursong.jpg

ジャケット写真が・・・あの伝説の1stアルバム『Feel Happpy』についてた、ポスターと一緒の写真だ・・・

聖子ちゃんも持ってた、って言ってた。

『Feel Happy』は、ちょうど今から33年前の誕生日(年取ったなぁ・・・)プレゼントとして親に買ってもらったレコードなのです。

このピアノのケーキ=お誕生日のケーキみたいで、真二と一緒にいただく妄想を抱いていた11歳のマセガキなのでした。

もちろん、ルックスよりも何よりも真二の掲げた新しい音楽は衝撃的でした。

今聞き返しても、70年代には早すぎる、大きすぎる才能の開花だったのか・・・

<曲目>
1. OUR SONG
2. タイム・トラベル
3. サウザンドナイツ
4. シャドウ・ボクサー
5. グッド・ラック
6. キャンディ
7. A DAY
8. ランディ・ブラウン
9. スウィート・ベイビー
10. MUSIC MOX
11. 黙示録
12. 風をつかまえて
13. てぃーんずぶるーす
14. JOY
15. サンライズ
16. 恋をブレンドドレッシング
17. MARCH
18. ナチュラル・ストリーム

「キャンディ」「シャドー・ボクサー」に、やはり衝撃的な「タイム・トラベル」

そして、ストリングスとアコギのみの、伝説の名曲「黙示録」

「風をつかまえて」「てぃーんずぶるーす」のカラっとしたグルーヴ。

本当に、単純に”懐かしい”だけでは済まされない凝縮っぷり。
33年経った今もキラめいて、ハッとするようなフレーズ、進行。

こりゃビートルズ、ギルバート・オサリバン、ボズ・スキャッグス、TOTOの初期、E,W&F、マイケル中期、スーパー・トランプ等々が聞きたくなるわ・・・

デビュー後は、バブルに向けて派手なバンドブームが起こり、真二や正やんなどシティ・ポップ路線の実力派男性ソロ・アーティストに日が当たりにくくなった時代が来たのでした。
それは日本でもアメリカでも、同時に始まったのでした。これまた別の話です☆

2011年02月22日

feel happy /原田真二1stより

ビギニング〜curtain rise

"愛 それすら 難しい時代 でも 君となら どんな壁でも 超えよう"




言葉が見つからないなぁ・・・10代でよくこの歌が書けたよなぁ・・・凄い真二なのでした。
松本隆さんの詞がまた、キラメキすぎ☆

2011年02月21日

シゲルさんのお気に入りアイドル群☆

先週、「踊る!さんま御殿」に、ゲルこと石破茂政調会長サマが、坊主の念仏のように、桜アンパンのようなピンク色のほっぺを輝かせながら、青春時代のお気に入りアイドルの名前を唱えていた姿に、ランチタイムの奥様はますます萌えたのでした(なんやそら)。

キャンディーズさん、天地真理さん、アグネス・チャンさん、柏原芳恵さん、河合奈保子さん、太田裕美さん・・・止めなかったら延々と出てきそうな勢いだったゲル(笑)もっと聞きたかったな。

でもって、今日はアグネスの私の思い出の曲。



小学2年生の頃くらいかな。これくらい高くて可愛い声が出したくて、何度も歌って練習した☆
『小さな恋の物語』と同じタイトルの漫画が流行っていて、チッチとサリーのカップルが主人公で。

私も昭和のアイドル語ると長くなるなーーー。。。

2011年02月13日

Lady Gaga 新曲 Born this way 解禁!

ガガやん自身が待てずに前倒ししちゃった新曲。



マドンナのあの曲、あの作品、彷彿しちゃってくれる作品ですが、ポップ要素満載で楽しいでやんす。若いっていいなぁ(うらやま)
それはそうと、早く、モンスターツアーのDVD出してよ〜(願)。

昨日は大阪会館でタロサ(麻生さん)の講演を聞きに行ってました。
生のタロサは初めて。今まで街頭も聞けなかったので・・・夫婦揃って、前(小泉さん総理大臣就任前くらい)から、実はお気にの政治家だったのでーす。生コイズミは体験してたのですが(at ナンバ高島屋前)。

ナマタロウさんは、まさしく”とてつもねえ”方でした。講演はバッチリ40分、国内問題、国際問題、大阪の問題、多岐に渡る内容で、もう一度聞きたいくらい。半径2メートル以内には近寄れなかったけど(笑)カッコよかったです。スーパー70代です☆
べらんめえ口調もますます冴え渡ってました☆

もうね、TVでは絶対、太郎さんの話は聞けないので、こうやって自分から動くしかないしね。
実は、太郎さんはマリリンの大ファンでもあるのです(趣味がいいよね。ニヤッ)


その後『ソーシャル・ネットワーク』鑑賞。

普段ボーッとしている頭脳を出来るだけ回転させてみました。

大苦手な”泣ける映画やで〜”的なベトベト感とは無縁の映画で、ウザくなくて、すんなり入れておもろかったす。。カナリ捻られた脚本が楽しい、楽しい☆映画はこうでなくちゃ☆
しっかし、オタクの象徴は、パーカーなのかぁ・・・仕事着にしてますが、なにか?

「バレンタインデーには、ポーターだろ?!」
この保守的なセリフがツボでした。
ポーターとは、コール・ポーターのことです(字幕にはポーターだけ)。
分かりにくかったのか、誰も笑ってませんでした・・・
あとビル・ゲイツ知らん子達の話とか。
あの金髪兄弟、いい味だしてたなぁ・・・
ティンバレーク君は胡散臭さ全開やし。

導入部のカップルの会話、、、若〜い頃に、少し似たような経験(苦笑)デリケートで頭の回転が速くて、会話も今、いったいドコしゃべってるの?みたいな。

ちなみに、facebook、日本ではどうなんでしょうね。
私、mixiには6年ほど前に登録したものの、当初から自分の肌に合わず、もう完全放置状態やし。
なんか、自己アピとか頑張らないとアカンっぽいし、しんどそう。
ま、日常のお付き合いだけで、十分ですし、目イッパイであります。

さてと、また明日から。目下のホットな話題は ハマグリ VS TKB@予算委員会 これにつきます。今はどんなドラマより、面白いですZE。予算委員会、むちゃくちゃな事になってまーす。
仕事で見れないので、今からニコ生、予約しにいきいまーす。

<追記>
明日は衆参ともに予定なし、だそうです。

2011年02月10日

ランディ・ローズ

ゲイリーのことから何日か経って、少し落ち着くかと思えば、もっともっといろんなコトを思い出して切なくなった☆

特に今、思い出すのは82年、25歳の天才ギタリストが突然みんなの前から居なくなったこと。


かなり遅め(?)のテンポの「Mr.Crowly」
2:20あたりに天使が舞い降りまする☆


本当に若かった。まだまだやりたいことがあっただろうな。
残してくれた写真も、まだあどけない少年の笑顔ばっかりだったもんね。

ロックキッズの悲しみはもちろん、長い間、つらかったのは、OZZYだったんだ。

久しぶりに「Blizzard of Oz」「Diary of a madman」聞こうかな。

2011年02月07日

ゲイリー・ムーア続報

今のところ、発表されていることは亡くなった原因が故中川昭一元財務大臣と同じ、ということなのですが(睡眠時の嘔吐による窒息死)
自分のショックの大きさと、同年代のかつてのロックキッズが自分の立場も年齢も忘れて嘆き悲しんでいる事態がすごいことだと、改めて思います。

私はすごいゲイリーのファンというワケではなかったのですが、去年も関西に来ることもチェックしていて、昨年、ずっとセブンイレブンの入り口にチケット情報のポスターが貼られてあって、それを見るたびに「いいな〜行きたいな」と思ったもんです。
でも私の知っているゲイリーの作品は、HR時代のモノが主体で、ブルースに寄ったナンバーが主体だと付いていけないかな?みたいな感じで、今回は辞めとこうかな、と。
あとでセット・リストはちゃっかりチェックしましたけどね。

とにかく、HR時代のゲイリーは、私たちハードロック/ヘビー・メタルブーム世代の憧れで、どんぴしゃにハマってましたね。
私が所属していたトコロではソロの「Don't take me for loser/明日への出発」他のバンドも4つくらい「Always goona love you/夜明けの誓い」などなど、ゲイリー・ムーア関係の歌を取り合ってコピーするという、異常な慕われっぷりでした。
普段、大人しい子でも、イザ、ゲイリ・ムーアの早弾きをしたらヒトが変わったようにギターを掻き鳴らす。そんな時代でしたね。


これは先輩たちがコピってたG-FORCEの「YOU」
2分24秒から、神が降ります。アルバムを持っているヒトが少なく、ダビングのダビングをさらにダビングして、聞き入るという、感じでした。歌詞カードも無いので、ヒアリングして。

"Don't take me for a loser,I'm gonna win"


今日は、大追悼大会を開いてらっしゃる方が多いみたいですね。
改めて、R.I.P.
私も今日一日、休みだったので一人で浸ることができました。
が、なんともつらいことですね。


またも訃報。ゲイリー・ムーア59歳、スペインにて急逝とのこと

久しぶりに夜、眠れないのでTwitterしてたらゲイリー・ムーア関連で続々と新しいツイートがあって、、、彼がスペインにて永遠の眠りについた、との情報を知りました。

なんてこと。。。去年の冬、ガガが来日した後、関西にも来てくださってましたよね?
掲示板でライブ行った人のハナシでは相変わらずのギターワークだったと。
去年のディオについで、ロック界のカリスマがまた一つ、空へ帰って行ってしまいました。
合掌。なんだか寂しい。実力者がどんどん居なくなって・・・



I always gonna love you...
Twitterでの反応、やはり日本人が多かった。本当に彼は日本で人気があったのですね。

2011年02月05日

Touch me in the morning



シュープリームス、スティーヴィー・ワンダー大好きっ娘たちが80年代にカバーした
「Touch me in the morning」"We don't have tomorrow,but we had yesterday"の歌詞は一生モンですね。

導入部のコリーンちゃんの甘い語りが絶妙です。ピアノの入りもいいですね。
あとでシュープリームスのバージョンを聞いたのですが、こっちを先に聞いてると、やけにオリジナルが物足りなく感じました。今はオリジナルの味も大らかでいいな、と思いますけど☆

特に2コーラス目の コリーン phone to リンダ phone to バーナデッド へのリレーが素晴らしいぴかぴか(新しい)

日本はもちろん、イギリスでも大絶賛だったノーランズがなぜ、U.S.A.でのディスコ音楽商戦にノレなかったか?この辺は検証の価値アリ、ですね。。。

しっかし、コリーン、まさに天使ですね。可愛らしいハートたち(複数ハート)

おこずかいを貯めて、ノーランズのベストを「えいやっ!」と気合で買いに行ったのがまるで昨日のことのように思い出されます。
そのレコード店、今は影も形もありませんが、ビルの同じフロアーには、インベーダーで散財しまくったゲーセンとか、なめ猫とか、たのきんのステッカー(学生カバン用)とか売ってる店だとか、ヤンキー時代の香りがソコにありましたわダッシュ(走り出すさま)

<追記>
後で調べたら、シュープリームスじゃなくてダイアナ・ロスのソロ時代でした。
追記ついでに、もういっちょ、貼り付けとこ。

マドンナ以前のダンス・ミュージックはやはり一つの大きな時代でしたね。
まず歌ありきで、ダンスは後づけ。
彼女たちには、気品を感じるんですよね。
故ダイアナ妃のようなサラ系ヘアスタイル(コレ、オオカミカットって言いましたっけ)とヤンキー風のツナギの組み合わせがオサレ〜。スタイル、ええでんな。

「消灯飛行」

今夜 わたし 死んでしまおうかな 脅かしたっても 返らぬこころるんるん

「やっぱり ユーミンは入りの歌詞が絶妙だね 引き込んでしまうね」

と運転しながら『ふってあげる』に唸ったヒトもいれば


「Remember meの あのコード進行は さすがやね」

と『わき役でいいから』に感嘆したヒトもいたり

「ダンダン、金子マリも聞いて!」と

『Dang Dang』の別バージョンを親切に教えてくれるヒトもいたかと思えば

「ユーミンの歌詞なんて聴いてないよ!雰囲気、雰囲気!」

と『5cmの向こう側』の可愛そうな悲恋話で盛り上がる女の子を一笑するヒトもいた

覚えているだけでもこれくらいで、もっと他にも 多数 意見をくれた 思い出がある・・・




忘れえぬこと 忘れるために 努力はいるのね 二度と結べない人なら たぐりはしないわ

離陸する瞬間=忘れられる時、ではないことはわかっていても・・・いい映像ですね。
You tubeのコメントに同化してしまいます。
売れていない頃の、シングルB面なのですが、沢山のロマンスを思い出し懐かしがっておられる方がいて、素敵です。

松任谷由実クレジットでも、微妙に”荒井由実”味の、このあたりのユーミンは泣かのです。
中学2年の頃、ダダ嵌りしましたわ。
再発売、強く希望。レコードに限界が来ました。。。もうやだ〜(悲しい顔)
ベース、ピアノは誰だろう?

2011年01月21日

OLD CALENDER 古暦  風、ジャパネスクの薫り。

帰宅後、ふと、風のベスト盤(LP盤2枚組) 『OLD CALDENDER 古暦』をかける。

oldcalender.jpg

一枚目、正やんベスト。
二枚目、クボヤンのベスト。

贅沢なアルバムボックスの中には正やんがアルバートさん(ウィリアム大おじさま)のような風貌でチェアー(椅子ではない!)に腰掛けている。まさに、”仙人時代”の正やん真っ只中。渋い!
クボヤン(大久保一久さん)は、とてもキュートなお兄さん。


ベストと言っても、風のファン向け(?)かもしれない。新録だし。
なんといっても・・・
ポスターがついてるし(笑)

でも、なんといっても特筆べきは、サウンドの懐かしさ、斬新さです。

仕事から帰って・・・


ぼんやり 彼らの紡ぐ音を聞いてると

自分の五感が戻ってくる。

完全に五感を封印してしまう 昼間の自分とのギャップに ヨダレが出そうになるくらい(笑)

色が完全に復活し 心臓の音が 心地よく ベースラインに呼応する気持ちの良さ。

ハッとする和音に香りさえ感じ、クールなギターのスライド音に 冬の寒ささえ いとおしく感じる・・・

もう、彼らのような優しくてシャイな音、そして見せかけの感動言葉じゃなく、もっともっと奥ゆかしく、遠慮がちで繊細な言葉を運ぶMUSICIANが一線に立つことはない。
伝えるべき世代=私たち以降の世代が、一度も触れることなく、正反対の方向に向かってしまった・・・

もし、20年後、30年後にもう一度、ムーブメントがあるかもしれない。
たぶん、あるかも知れない。

古暦として。

雨の物語・正やんバージョン





2011年01月08日

A happy new year!

あけましておめでとうございます。



年末、年始と、ちょっとくらいTVを見てみよう、と頑張ってました。

やっぱり、みゆき&聖子ちゃんの振袖姿はハンパなく、この上なく、嬉しいですね〜。

だんだん、日本のTVの中から、自分の”好き”が減って行って、今年なんぞ本当に見る番組が殆どない状態、ここ20年ほどくらい前から肌で感じ、妙に危惧していた”カルチャーの切れ目”が目に見えてハッキリしてきました。
びっくりするくらい、内容が急激に薄っぺらくなっちゃいましたね。
不景気ってのもあるんでしょうがね。

そんな中で面白かったのは、「ガキの使い」のジミーちゃんと石破茂さん(通名:ゲル)の対談(笑)でしたね。衝撃的でした。
動画はすぐ削除されるっぽいので貼り付けないでおきます。


実は、去年の11月くらいに、会社の同僚2人と私、3人で
”石破茂・同盟”という、マニア向け連盟をこっそり発足していたのであります。
私が先頭切って、「石破さんいいよね」と告ったら「実は私も黙ってたけど・・・前から黒ハート」「笑われたらどうしようって黙ってたけど」って思い切って名乗り出てくださった方が2名。嬉しかったですね。

若い頃と比べて、最近は、落ち着いた、ドッシリとした殿方がいいですね、今は。
私もまた、ひとつ年を取ったってことでしょか?

2010年12月14日

中島みゆきツアー2010 in 神戸こくさいホール 12.10 行ってきたよ!

とりいそぎ、ブログ更新!

ひさしぶりの生・みゆきちゃんに見てきたよ!

あまりの存在感に、ブッ倒れてしまいました(苦笑)


Image055.jpg

このホールに行くこと自体、18年ぶり(わお!)でしたので、開演1分前にギリギリ到着・・・

角さんからのお花も届いていたよ!

Image058.jpg

いまだ余韻さめやらず、30年前に買ったアルバム出してきて聞いてます。
体調悪かったけど、頑張ってチケット取って、頑張って遠出した甲斐がありました。
CDの100倍くらいの迫力!冗談抜きで・・・凄い人なんだって、本当に・・・

okaerinasai.jpg


『おかえりなさい』から「しあわせ芝居」歌ってくれたよ・・・いろいろ思い出して、、、感激すぎる。中学2年くらいかな。ハマってたのは・・・

あ、ぴょん!の話も、ね。相変わらずお茶目なMCで、、、神戸市民の方々、ビックリしてたのでは?

miyukiusagi.jpg

来年へのパワーをもらいました。ありがとう!みゆきさん。
正味、コンサートで恐ろしいほど泣かされたのはこれが初めて・・・
(続く)・・・と思う。

2010年12月02日

ビヨンセ・ライヴツアーDVD『I am...world tour』と、リアーナ新作!

二人とも、本日到着!

まずはリアーナの新作『LOUD』
rihannaloud.jpg

5作目ですが、面白いよ!今回のアルバムは。元気で"LOUD"で、またまた"はっちゃけてる"リアーナなのだ。
1曲目の"S & M"(すんげータイトル・笑)なんかは、ガガの"BAD ROMANCE"を髣髴させるし、"RAINING MEN"はビヨンセ&ガガの"VIDEO PHONE"と似てるけど、リアーナ節がイキてる!
"COMPLICATED"では、意外と出る高音に(ゴメンナサイ)ビックリした人も多いのでしょう。
いや〜、相変わらず熱いな、リアーナたん。
ブックレットも、前作に続き殆ど・・・エ☆本(次項有ダンナ談)
でもキレイですよ〜前回みたいにアジャコングじゃないし(笑)
赤毛がとっても似合ってる☆

それとご一緒に来たのがビヨンセ姉御☆のライブDVD。
これは、週末の楽しみにします☆
パッケージを空けたら、ビヨプロデュースのパフューム、HEATのサンプルも付いていたよ〜☆
beyoncetour.jpg
すんごい、ドタマですこと・・・ビヨのトレードマークですな。
こちらは40ページのミニブックレットが付いていて、ビヨ、とてもキレイっす。

2010年11月04日

BS-TBSでZEPの『天国への階段』特集、やってるよ!

間に合ってよかった!風呂上がってきたらこんな嬉しい特集が。

zep4.jpg
伝説の4thアルバム。

内袋の歌詞カード(『天国への階段』のみ)も映っているよ(涙)。
ウチにあるのとおんなじら〜。


やっぱ、アナログよ、アナログ。ロックのなかでも、ZEPはぜったーーーい、アナログ!
リマスターCDもイイ音なんだけど、ね。
アナログだと、ボンゾのドラムがドカーーーン!!!ドッスン、ドスン、ドコドコドコドコ☆
(言葉で言い尽くせない・・・)

Image050.jpg

後追いで、小学校3〜4年生の頃、ツェッペリンに出会ってしまった・・・。
ビートルズもだけど、こんな強烈なロックを小さい頃に聴いちゃうと、それ以降の趣味は、決定付けられてしまうよね。渋くて骨太なトコロへ。後戻りできないっちゅうか・・・
でも、小学生〜中学生で洋楽ロックを聞く子って、男女問わず、集まってたね、なぜか。
同じ匂いがするんでしょうか?大抵、3〜6歳くらい上のお兄ちゃんやお姉ちゃんが居て、何らかの影響受けてた。服、読み物なんかも、ね。

うじきつよしサンは武道館で生ZEP体験できたんや。ええなぁ・・・うらやまし。
ロバート・プラントのソロを体験出来ただけでもプチ自慢なんだけどね☆えへ☆

しっかしカッコ良すぎる・・・何なんだろうねぇ、このグルーヴは。ジョン・ポール・ジョーンズのベースも、どないかして、って思ってしまう。ジミー・ペイジのGソロも、全てが降参状態。

えんしーずばぁあ〜いんがすていうぇい・・・とぅ、へぼぉ〜んん。。。。。
Image051.jpg
何行目でしょう?

2010年10月21日

さりげなく・・・来生たかおさん

オーディオで聞くたび、『テープよ、切れるなっ(願)!』ってヒヤヒヤしながら大音量カマしてます。
来生さんのノビノビした声は、いつまでも大きいスピーカーで聞きたいのだけど・・・

Image049.jpg
ベスト・セレクション SONGS 来生たかお

82年頃、購入。このカセットテープは姉と毎朝の争奪戦(ウォークマン用)を経て、、、
無事私だけのモノに・・・
今も元気に動いています。
3,800円って、当時にしたらカナリ、お高い。
なので、購入した場所までハッキリ覚えてます。
大阪、天王寺アポロビルの三木楽器でしたわ。

四十路越えた今聞くと、また違った感動があります。
少年のような飾らない素直な声(ときどき妙に色っぽい)がたまりませんです。

<収録曲>
気分は逆光線
涙嫌い
シルエット・ロマンス
そして、昼下がり
赤毛の隣人
甘い食卓
あなただけGood Night
マイ・ラクジュアリー・ナイト
Heart Break Wave
長雨
ほんの、ノスタルジー
浅い夢
Easy Drive
夜の底へ
片隅にひとり
Goodbye Day
灼けた夏
たそがれの苺
ジグザグ
美しい女
夢の途中
これは、当時すでに発売されていたベスト『バイオグラフィーT』と『バイオグラフィーU』の合作です。
「夢の途中」で終わっているトコロが”これから旬な感じ”でイイ。
この後、更なる活躍をされているのですから☆

残念ながら、来生さんのアルバム群は、CD化に到っては余りよろしくない編集(収録曲の変更)がされていて、この盤も、現時点では、完全復刻がなされていないのです。

現在のラインナップは
1. 浅い夢
2. マイ・ラグジュアリー・ナイト
3. ジグザグ~酔いどれ天使~
4. 試練
5. 涙嫌い
6. ほほえみの扉
7. あなただけGood Night
8. やさしさ,ひととき
9. たそがれの苺
10. Goodbye Day
11. 夢の途中
12. おだやかな構図
13. シルエット・ロマンス
14. 気分は逆光線
15. 空色の渚~時よ ゆっくり~
16. セカンド・ラブ
17. あなたのように
18. 無口な夜
biography.jpg
写真は同じなのら・・・

2010年10月20日

いいなぁ〜ガガとポールのツーショット☆☆☆

めっさ、お似合い。いいなぁ〜、ガガ。ポールの腕に。。。うらやましいっ!

年の差、倍以上なんですけど・・・

ガガが小柄なんが、よぉ、分かるわ。

ガガが幾ら背の高いブーツ履いても、ポールが20cmヒールのブーツ履いたら、届かんがな(笑)

KISSのライブと、ガガのライブの高揚感は似ているなって、この前ライブの途中に、思った。
・・・と思ってたら、ジーンが同じような事を先に言ってた・・・
ガガにKISSの5人目のメンバーになって欲しいとかなんとか(笑)火、噴かせるんかいな?

・・・ということは、
"Bad romance"は"Rock'n' roll all nite"的扱いになるのかな。

paulandgaga.jpg
Lady gaga twitterより。

2010年10月19日

☆カーニヴァル1992 中島みゆきツアー☆

astalift.jpg

大好きなお二人さん☆
30年以上・・・ずーっと憧れているお姉さんたち。
コケティッシュなところも、唯一無二なトコロも、普段は大人しいのに、笑うととんでもないことに(笑)なってしまうトコロも、好き。
そんなお二人がご一緒にTVで見られるのは本当に嬉しい。
お二人とも偶然に、うお座のA型さんなのです。
仲間に入りたいぞ〜、うお座B型。
ちなみに、高いなぁアスタリフト。
お試し使ったけど、超乾燥肌の私には効果なかったデス。

聖子ちゃんのライブの話はブログで書いてるけど・・・
みゆきさんのは1992年に行ったっきり。
この年は、聖子ちゃんのツアーも参戦したっけ。

ユーミンもみゆきも、同じ頃に聞き出して同じくらい聞いているのに、ユーミンライブの初体験は15歳の時、みゆきは25歳、OLの時。約10年も開いてる(笑)なんで?

実は、社内でたまたまFMのツアーチケット特電を聞いてた同僚(みゆきファンの男性)チケットをサクッと取ってくれた次第。
取ってくれた同僚と仕事帰りに二人で行くつもりが、なんとコブ付き(同僚の嫁ハン・全然みゆきファンとちゃう・笑)!
どうやらコブさんは、旦那が職場の独身女性と二人でライブ行くと聞いて、なにやら疑い、心配で付いて来たかったらしい・・・びっくり・・・

・・・おかげでカナ〜リ、妙に痛い目線を追っての、ライブ観戦となりました。
後にも先にも、こんな息苦しかったライブ観戦はないです(キッパリ)
ファンじゃない人が混じっていると、どうも気を遣うしねぇ・・・なんたって、みゆきだし(笑)コアなファンじゃない限り、、、キツかったと思う。
同僚もずーーっと気まずそうでした(気の毒に・・・苦笑)

今では、そんな〜時代もあ〜ったねと〜と笑うしかないやっ。
セットリストを見つけたので貼っておこうと。

中島みゆき カーニヴァル1992ツアー in 大阪城ホール スタンド左側の中央辺り

01 た・わ・わ
02 あしたバーボンハウスで
03 不良
04 空港日誌
05 サッポロSNOWY
06 あどけない話
07 私について
08 春なのに
09 Maybe
10 笑ってよエンジェル
11 誕生
12 渚へ
13 白鳥の歌が聴こえる
14 たとえ世界が空から落ちても
15 永久欠番
─アンコール─
16 おだやかな時代
17 南三条

当時のNEWアルバム『歌でしかいえない』からの曲が殆ど、かな。
初のアリーナツアー、ご乱心の時代を終え更なるブレイクへの予感(大ヒット『浅い眠り』の前)、
『夜会』で世間の再び注目を浴び始めた事・・・
7曲目の「私について」(工藤静香さんへ提供)は嬉しかったな。
圧巻は、「永久欠番」「南三条」。

今日は「永遠の嘘をついてくれ」with 吉田拓郎さん でシメます。

伝説のつま恋2006の動画です。BSで見てた時、固まってしまった・・・まさか出てくるとは知らんかったから・・・見るたびに震えと寒気と、涙と笑いが入り混じってしまうわ。
みゆきの照れた可愛らしいお顔と、後ろの瀬尾一三さんの微笑ましいファイト(笑)拓郎の優しさ。
さすがYoutubeの再生回数も凄いわね!