2012年03月18日

TOEIC会場は寒かった((((;゚Д゚))))

3月18日・・・この年にして(苦笑)初めてTOEIC公開テストを受けて参りました。

TOEICに関しては、ずっと「無関心」でした。

自分が英語学習に熱を入れていた時代にはTOEICはそれ程の認知度もなかったからです。

実は今回受験を決めたのも今年に入ってから・・・

ここんとこ酷い頭痛が続かないし、去年5月からスタートした新しい仕事場にも慣れたし・・・

実務に(少し)繋がる試験を受けてみようと思ったのです。

今の仕事は英語使用頻度は少ないけど☆

近くの本屋でテキトーに参考書2冊ほど買って受験準備したのみ、で初チャレンジ。

・・・正直、あんまり出来ませんでした・・・・

会場は大阪商業大学だったのですが、空調が効きすぎてさっぶい、さっぶい。

鉛筆を握り、マークシートを埋めようにも、手が冷たすぎる。。。

隣の学生さんもプルプルしてました。


そんなのもあったり、初受験と言うんもあって、緊張しまくり。

こう言う形式の英語テストって、26年前(!)に母校でTOEFLを受けて以来ですし。

始まった途端、頭の中が真っ白になってしまい、幾らか自信のあった会話リスニンク問題に集中できなかった・・・


問題の選択肢を熱中してじっくり読んでしまい、聞き逃しカナリやっちゃいました(ノ∀`)アチャー

リーディングの最後らへんでやっと脳が高ぶってきたのですが、文法問題をのんびり味わいすぎて時間がギリギリになってしまいました。

でも久しぶりの緊張感・・・

終わったときは正直「パトラッシュ、僕は疲れたよ・・・」状態でしたが、普段使ってるトコと違う脳の場所を動かせた気がします。
26年前の学生気分に戻れたのも楽しかった。


さあ、終わったから、開幕に向けて・・・(今日は勝ったし☆)れっつらごーーーexclamation

posted by uniko at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | フラフラ英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

初めての添削結果

アルクのヒアリングマラソンを始めて約1カ月とちょっと。
初めて、ヒアリングテストの結果が届きました。
ドキドキしながら封筒を開きました。

結果は100点満点中、78点。
初めてにしては、思ったよりマシでした。60点行けばいいな、と思ってましたから・・・
間違った箇所は、自分でも答えに自信のない箇所でした。

アドバイスとして「英語が放送されるメディアを活用して、耳にする英語の量とジャンルの幅を増やしましょう。豊富な背景知識は、英語のコミュンケーションで大いに役立ちます。」と書かれていました。

はいはい、弱点を突いてきましたね・・・(苦笑)
見聞を拡げろ、っちゅうことですな。

・・・で、ヒアリングマラソンを始めた事を、昔の戦友(語学勉強を共にした友達・ヒアリングマラソンの先輩)に知らせてなかったので、電話でその事を伝えると、とても喜んでました。
酸いも甘いも、一緒に体験した仲ですから、ズケズケと言い合えます。

友達「これでアンタも1つ、前へ進んだっちゅうこっちゃ。何か新しい事を始める気になったのは収穫やん。がんばれよっ!一年後、どれくらいになってるか楽しみやわ。」
私「まあな。昔から気になってたけどな、料金高いし。ずっと始める勇気が無かってん。続けられるかなぁって。でも、一回はやってみたかったからな。」
友達「これから私がアンタにメールしたるわ。”どうや?頑張ってるか〜!○万円の分、がんばらなアカンで〜!”って、ガンガン追い詰めたるわ。」
私「よっしゃ、頼むわ。」
友達「私ももう少ししたら復活(ヒアリングマラソンに)するかも知れんからそれまで絶対続けや。一緒にしような。」
・・・心強い言葉です。待ってます!

posted by uniko at 18:15| Comment(3) | TrackBack(1) | フラフラ英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

英会話に関西弁・・・

お正月は全く「無英語」な生活、吉本を見たり、親と「大阪会話」を楽しんでましたので、完全に英語から遠ざかってしまいました。

・・・帰ってきたらやっぱり”聞き取り”が弱くなってました!
これは大変!
で、これまでの私やったら、ココでもう「面倒くさい!英語学習、辞めよか!」って思うんですけど・・・
アルクの今月の教材がイキナリ送られてきて、焦り始め・・・
お尻に火がやっと付きました。
それと、「24」シリーズの続きを字幕をチラチラ見ながらヒアリングして、少しずつウォーミングアップしてます。

今学習しているヒアリングマラソンには「English Journal」が毎号、付録のCDと共に付いてくるんですが、2月号は女優のキーラ・ナイトレイのインタビュー。
彼女、メッチャ早口なんですーーー!まさにマシンガン!
それにイギリス英語の訛りが凄くて、”難易度C”です。
主に映画「ドミノ」についてマシンガンしてはります。

去年の10月号はニコール・キッドマン、キーファー・サザーランド。
ニコールはオーストラリア訛りがあるので最初はキツかったですが、何度も聴いてるうちに慣れてきました。ゆっくりきっちり話してくださってるので。内容は「奥様は魔女」の話や、これからの話、今までの話、などです。

キーファーは、「24」のジャック同様、モゴモゴ英語!
ウォークマンでじっくり聴かないと聞こえない(笑)!

今年の1月号はリース・ウェザースプーン。
この方も凄い早口です!何度も何度も聴いて苦戦してます。

ずっと聴いていて、やっぱり聞き取りの弱いところは「情報不足」の部分ですね。
俳優、女優さんに限らず、その方が一番、重点を置いて話してらっしゃるトピックのバックグラウンドを少しぐらい知っておかないと付いていけない、と改めて思いました。

例えば、ニコールの話ですが、「奥様は魔女」をまだ見てないので、分かりにくい部分があったり、キーラの「ドミノ」も結局、映画館に見に行けなかったので、細かい部分になると(英語も難しい上に)、話の内容が飲み込めないのがネックになります。

世界のニュースなどもそうですね。普段から色んなニュースに目を通してないと「はて?何のこと?」状態です。

「奥様は魔女」はもうレンタルに出てるし、そろそろ見れるかも♪
「ドミノ」はもう少し、待たないといけないかな?

英語学習でも英語から離れると不安になったりしますが・・・
大阪弁も離れてしまうと、これはこれで凄い不安になります。
それは主人との会話や、友達との電話でカバーしてるんすが☆☆☆
関西の出来事や、新しく出来た施設、お店などは自分で入手しないといけない!
関西の友達と久しぶりに会った時に、話に付いていけないと困りますからね(笑)。「知らん!分からん!」の一点張りやと会話にならんし(苦笑)
なので、関西に帰ったら、「KANSAI WALKER」や「HANAKO・WEST」などは絶対買って帰ります。
野球シーズンになったら阪神系雑誌も、もちろん♪
幸い、コッチでも「KANSAI WALKER」を置いている本屋があります!
2冊くらいしか置いてないけど・・・^^;
誰が買うのかな〜?って不思議に思います。。。
大阪やったら、「KANSAI WALKER」しか置いてないけど、不思議なことに、ココでは「TOKYO WALKER」「TOKAI WALKER」「KANSAI WALKER」3紙が置いてあるんですよ。
ただ、どれもあまり、売れてません。。。
せめて「KANSAI WALKER」は置き続けて欲しいです(祈)!!
毎号買ってるわけではないですけどね・・・(^_^;)
posted by uniko at 15:48| Comment(4) | TrackBack(0) | フラフラ英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

初めての通信講座?

今日、とうとうアルクの通信講座ヒアリングマラソンの教材が届きました。

今日はエエ。

明日から頑張るぞーーっ(笑)!

え〜、生まれてこのかた、通信講座に縁の無かった私なので、何かドキドキ半分、嬉しさ半分です!

でも実は過去に一度だけあるんですよ・・・・

すんごい昔の話です。

私は算数の出来ない子供でした(きっぱりと)。
多分、小学一年生の「かずのおけいこ」で躓いたのだと思います。
「おはじき」とか「棒」とか「時計」とか、お道具箱にあった、アレです。

たまりかねた母が、私が小学校2年に上がると「カセットテープを聞きながら算数を勉強しよう」みたいな講座に申し込み、教材が届きました。
母は急いで近くの電気屋さんに行き、私専用(勉強用)のカセットテープレコーダー(当時の価格で8,000円くらいですから結構高いです。)を買ってくれました。

・・・なのに・・・

私は、1日か2日くらい算数の勉強をやっただけで、その後は姉が持ってた洋楽のアーティストのカセットテープ(カーペンターズ、クイーン、キッス、ビートルズ等)ばかり借りて聴くようになったのです。。。

母は諦めました。
「この子はアカン・・・・」

お母ちゃん、ごめんなさい。
算数が出来ない子になって・・・

母の予想を遥かに上回り、中学に入り、数学になってもどんどん成績は落ち込み、自慢じゃありませんが高校時代は5段階の2か3しか取った事はありません。
高校1年の時は懇談で「@@さんはこのままの数学の成績だったら2年に上がる事はできないです」と先生に脅され、母がパニックに。
「部活なんてやってないではよ、家に帰って勉強せー!」と怒られました。部活、一ヶ月ほど(母の命令で)休みました。
何とか補習を受けて2年に進学できましたが・・・^^A

でも、今回のは得意な英語やから(笑)続けられると思う。

がんばるからね、お母ちゃん!

「今頃頑張られても、もう遅いわ!なんで算数やなくて英語やねん!あの算数の通信講座の金返せっ!」って、大阪から母の叱る声が聞こえてきそうです(苦笑)

して・・・

このヒアリングマラソン、中々面白い仕組みです。
繰り返し聞いても飽きの来ない教材になってます。さすが、英語教材老舗のアルク!
posted by uniko at 17:59| Comment(6) | TrackBack(0) | フラフラ英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

最近の英語学習

今日は久しぶりに最近の英語学習について・・・

まず半年前から始めた英会話ですが・・・
・・・何と言うか、達成感がありません。
1週間に一回、90分、先生1人、生徒2人。
この半年間の学習内容に不満を抱きつつ、これでいいのかと最近思うようになりました。

気になる事
1.先生がオシャベリなこと。突っ込みを入れてもすぐ自分の話に戻る・・・
それはそれで、リスニングの勉強になるんですが、こちらが興味の無い話、前にもソレ言うてたやんか、と言う話にウンザリしつつも、相づちを打ち続ける。
2.その話、殆ど、(私が知らない)人の噂話が多い。
先生の友達、生徒の話や、誰々が誰々と付き合ったとかいわゆるゴシップ話。
主婦はゴシップ話が好きだと思い込んでるのか?分からん。
3.4ヶ月目にやっとテキストを用意してくれたものの、殆ど使用しない。
使用してもまた、ご自分の体験談に持って行きはる・・・
4.1ヵ月のレッスンのうち、英語版モノポリーなどのゲームで済ます事が3回ほど。
ゲームになると「攻略」を自分で考えるので自然と3人とも黙る。従って会話は殆ど無い。
会話は「ルール説明」と最後に「誰が勝ったか」を判定する時のみ・・・
ゲームもこちらが始めてプレイするものなので当然、先生が勝つ事が殆ど。

例えば1ヵ月に一度、生徒に研究発表させたりディベートさせたり、様々なマテリアルを用意して欲しいのだが・・・1カ月8,000円だからこんなモノなのか、いまいち分からん。

その上、私は車を運転出来ないのでこの寒い時期はどうしてもタクシーに頼ってしまう。
タクシー代を払って、無言のゲームをプレイする為に行く事に強く疑問を感じてしまう。お金は有効に使いたいもの・・・

よって、とうとう思い切ってALCのヒアリングマラソン6ヶ月お試し版を申し込んでしまった!!!
この教材、友人が12ヶ月のを申し込んで途中で挫折した手ごわいマラソンである。
12月スタートなので野球シーズンの4月、5月に掛かってしまうところだけ少し不満だが野球シーズンの無いこの時期が大チャンスなので頑張ってマラソンします。

今、通ってる教室に関しては、もうちょっと行ってみて考えて見ます。
「自分はこうして欲しい」と言いたいのだけど、一緒に学んでいる女性は今のところ不満がないみたいなのよね・・・う〜ん。「もう少し黙れ、人の話をもう少し長く聞いてくれ」とも言えないしなぁ。性格を否定する事になるし・・・
もしかして私と先生の相性が悪いのかも、う〜ん。。。

posted by uniko at 16:51| Comment(6) | TrackBack(0) | フラフラ英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。