2005年11月29日

悪い事をした友達に捧げるソング

最近、ちょっとした懐かしい歌がウチの中だけで話題になってます。
関西に住んでらっしゃる方、幼少時を関西地方で過ごされた方ならご存知かと思います(?)が・・・

小学校で、ちょっとした悪事(まぁ、ズルをしたとか、校内のモノを破壊したとか、誰かを泣かせたとか、その程度です)を働いた友達に対しておちょくってこんな歌を友達同士で一緒に歌う習慣があったのです。
『ゆ〜たろ♪ゆ〜たろ♪せんせーにゆ〜たろ♪』
(訳:言ってやろう、言ってやろう、先生に言ってやろう)
ここでの「言う」は「チクる」と言う意味です。

ちなみに私は大阪市内南部のみで育ち、ダンナは大阪市内南東部&大阪府南部に渡ってお育ちあそばされました。
歳も2歳しか違わないので大体の関西弁は通じ合ってる(つもり)です。

で、最近、関西在住の友人と電話で阪神ネタを喋ってたついでにこの歌の事を確認したところ、「ああ、その歌私も歌ってたで。でもウチの子供は歌ってへんなぁ。」
ちなみに彼女は大阪市北部育ち。私と同い年。
彼女の子供は大阪府南部育ち、平成生まれです。
時代と共に歌も無くなっていくんですねぇ(泣)
しょ〜もない歌ですが、結構、アレ歌うの、結構、痛快やのになぁ。

んで、気になるのでもう1つ聞いてみました。
「犬の○ンコ踏んだ時に言うヤツ・・・」を。
関東では「○ッチョ」って言うやつですよね?
(訂正:↑びんちょ♪さんに”えんがちょ”の事だと教えてもらいました)

神戸では「ミィ」と言う、と聞いたこともあります。
彼女に正直に私の知ってる全セリフを述べると・・・
「なにそれーーーー!そんなん初めて聞いたわ!!」と驚き大笑いされました。
そのセリフとは・・・
『べべんじょ、かんじょ〜、カギしめた!(人差し指と中指で×を作る)』

ちなみに彼女の故郷では『べべんじょ』しか言わないそうです。
今まで関西エリア在住者(京都、滋賀、奈良、神戸、大阪南部以外の友達)に確認を取った事があるのですが、「”べべんじょ”やって〜(笑)汚な〜(笑)」と大爆笑されただけでした。
で、現在に至るまで悲しいかな、ダンナ以外、誰一人賛同者は居ません・・・><。
posted by uniko at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ナニワな話、すんで♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする